JavaScriptを有効にして再度アクセスしてください。

上映リクエストランキング

1087

トワノクオン 第一章 泡沫の花弁

トワノクオン 第一章 泡沫の花弁

27 pt

上映リクエスト受付中

あと1ポイント1049にランクアップ!
製作年
2011
製作国
日本
情報提供
ぴあ

私がこの作品を映画館で観たいワケ

  • 匿名 匿名
  • トワノクオンの良い所はまず、魅力溢れたキャラクターたちです。主人公、クオンがとにかくかっこいいです!傷つきながらも仲間を守ろうとする姿に感動を覚えました。クオンの周りにいるキャラクターはどの子も素敵で嫌いになれません。 そして、なんと言っても作画に感動します。第1章の桜や夜景はとても綺麗です。 ストーリーがありきたりで人によっては好みじゃない方もいるとは思いますが、私はこの作品が大好きです。

  • トロ トロ
  • トワノクオンの上映劇場は全国で5館と大変少なく、また上映期間も一章につき長くて一ヶ月くらいだった為、DVD等でしか観ていない・観るタイミングを逸して結局観ていないという方も多いのではないかと思います。 作品に魅了され、一章~六章公開終了までの半年間で30回以上劇場へ足を運んだ身としては、それは本当に勿体ないことだと思わずにおれません。 作曲家・川井憲次氏と音響監督・若林和弘氏のタッグによる劇伴は音を体全体で感じられる劇場でこそ真の魅力を発揮しますし、総作画監督の川元利浩氏を始めとした、ボンズが誇る作画陣による骨と肉のあるアニメーションは視界を覆い尽くす大スクリーンで観てこそ最高の快感を得ることが出来ます。 その公開形態ゆえか、同じ飯田馬之介監督作品である「おいら宇宙の探鉱夫」と同じように、一部では熱狂的な指示を受けながらも埋もれた名作になってしまったことは返す返すも残念でなりません。 (劇場だからこそできる表現があった事、そして高音質・大画面の環境で観てこその映像になっている事を思えば、対価だったのかとも思いますが) スタッフ・キャストともに錚々たるメンバーが関わっているにも関わらず、とにかく知名度が抜群に低い作品なので、ドリパス上映を機に少しでも広く世間に知られる作品になるよう願ってやみません。 2011年公開作品ですので最近の作品と言えばそうなのですが、まだ2年、もう2年です。 浅く広く多くのファンがついている作品ならともかく、このままでは作品が忘れ去られていってしまうのではと危機感を覚えています。 来る11月26日は、飯田馬之介監督のご命日であり、トワノクオン第六章の公開記念日でもあります。 もし叶うならば、それに合わせて企画上映をして頂けたらそれほど嬉しいことはありません。 どうか、何卒、全六章の一挙上映を再び、お願い致します。

この映画の良い所をどんどん広めてファンを増やそう!

*「映画館で観たいワケ」を書き込んでください。(それ以外のコメントを書き込まれた場合、非表示になる場合がございます。)
それ以外の投稿はファン掲示板をご利用ください

リクエストの地域分布

「トワノクオン 第一章 泡沫の花弁」をリクエストした人は、他にこんな作品をリクエストしています。

(C)BONES/トワノクオン製作委員会

ドリパスからのお知らせ

ドリパスをフォローする

貢献度ランキング

Yahoo!映画【※映画情報とバーターでの掲載のため削除不可】

ページの先頭へ